ニュース

2021.07.18

社会保険の適用拡大

2022年(令和4年)10月から従業員数が101人以上の企業に勤務するパートタイマーさんは、健康保険・厚生年金に加入する必要があります。

週20時間以上勤務するパートタイマーさんも社会保険に加入できるようなります。

この制度は、現在501人以上の従業員を雇用する企業には、すでに義務付けられている内容です。

これが令和4年10月から従業員101人以上の企業にも適用を義務付けられるようになります。

さらに2024年(令和6年)10月から従業員51人以上の企業にまで適用が拡大されます。

ただし、パートタイマーさんは次の4つの加入条件をすべて満たす必要があります。

① 週の所定労働時間が20時間以上

② 2か月を超える雇用の見込みがある

③ 月額賃金が8万8千円以上

④ 学生でないこと

注意事項を3つ挙げておきます。

1. 従業員数のカウント方法 → A+Bの合計

  A フルタイムの従業員数 

      B 週労働時間がフルタイムの3/4以上の従業員数

  ※ 今後対象となる週20時間以上の従業員は含まない

2. 企業の範囲 → 「法人番号」が同一であること = 健康保険の事業所番号ではない

3. 月額賃金 8万8千円の算定方法 → 基本給および諸手当で判断⇔「精皆勤手当」「通勤手当」「家族手当」は含まない

週20時間以上30時間未満の契約で働くパートタイマーさんを大勢抱える企業様は早い目の対応をすることが大切です。

お問い合わせはこちらから

Tel.090-7883-5368または072-838-2158

営業 月-金 午前9時~午後6時